利確目標地点到達か

こんにちは🐤今後のシナリオについて考察していきます。よろしくお願いします。

北海道で発生した地震に被災された方々の一日も早いご再建をお祈りいたします。心よりお見舞い申しあげます。


さて、注視していた、各通貨ペアのHarmonic-Pattern-PRZより反転リターンムーブするという展開へと発展しました。

「EURUSD」Bat-PRZより反転リターンムーブ



利確ポイント tp1=0.382AD tp2=0.618AD 現在、最終近く地点間近


[USDJPY]bearish-bat-przより反転リターンムーブ


利確地点 

 TP1=0.382AD TP2=0.618AD 

 現在、第一利確ポイントに到達間近


[AUDUSD]バタフライ-przより反転リターンムーブ



利確地点間近

 TP1=0.382CD TP2=0.618CD


また、ハーモニックパターンを使って投機される場合は、IFO注文をお勧めします。ハーモニックパターンはC地点が定まると、自動的にD地点が1つに決まります。加えて、ハーモニックパターンにおけるポテンシャルリバーサルゾーン(PRZ)はリスクリワード比がハイパフォーマンスとなる地点に出現します。従って、自動的にロング(ショート)アクションがなされても、損失は最小となるためです。手動で投機し、エントリータイミングが遅れ、リスクリワード比を損ねる結果となる方が機会損失となります。24時間チャートを自由なタイミングで見ることが出来ない社会人や学生の方にお勧めです。

0コメント

  • 1000 / 1000